三遠南信地域連携センターの取り組み「GIS基幹システムを地域で運用するための研究」

TOP > 取り組み > 研究プロジェクト > GIS基幹システムを地域で運用するための研究

三遠南信地域連携センター取り組み一覧

研究プロジェクト

GIS基幹システムを地域で運用するための研究

10.07.23

本研究は、大学と地域を含めた地域情報プラットフォームの形成を目指しています。具体的には、これまで愛知大学で構築していた分散型GIS基盤システムを地方自治体まで拡張し、地域連携型GISシステムとしての実験を行います。
そのため、大学と地域の間に、研究活動や住民参加型まちづくり活動に活用できるTV会議システムを導入します (図1) 。こうした分散型GISシステムと地域間のTV会議システムを融合した情報システムの活用による地域防災に関する研究を計画し、GISシステムを駆使した地域づくりのあり方を探ります。

«「研究プロジェクト」の一覧へ戻る

«「取り組み」トップへ戻る

«トップページへ戻る

▲このページの一番上へ

取組み
愛知大学 三遠南信地域連携センター

トップページ»

愛知大学三遠南信地域連携センター
0532-47-4157
FAX 0532-47-4576

愛知大学三遠南信地域連携センター    〒441-8522 愛知県豊橋市町畑町1-1
Copyright since 2009,San-En-Nanshin Center for Regional Collaboration, Aichi University,Japan. All Rights Reserved.